1. SMOUTヘルプセンター
  2. 地域おこし協力隊フェス2021

地域おこし協力隊に採用された場合のスケジュール

無事採用されたら、さっそく準備に取りかかりましょう。引っ越し、新生活の準備、諸手続き…生活の拠点ががらっと変わるので、やるべきことはたくさんあります。着任に向けてどのようなステップで何をすればいいのかをチェックしましょう。

採用が決定!

①移住資金の計画を立てる

協力隊の任期中は給与をもらえますが、引っ越しや新居の整備には別途お金がかかります。必要なお金は事前に把握して計画を立てておきましょう。

②情報収集をする

インターネットで現地のリサーチをしましょう。気候はどうなのか、どんな名所があるのかなど。歴史や文化を知っておくと着任後の生活がより充実するはず。


③現地を訪問する

事前に最低1回は現地に行って、関係者と顔合わせをしておきましょう。知り合いの人が一人でもいると移住がぐっとスムーズになります。気候や交通の便、生活のしやすさ(病院やスーパーの有無など)もチェックしておきましょう。

④住まいを探す

現地の移住相談窓口に聞いてみましょう。ネットで探すよりも現地の方に聞いてみた方が有益な情報が手に入る傾向にあります。物件は必ず事前に自分の目で見てから契約しましょう。

⑤引っ越し、転入転居の手続きをする

引っ越しをしたら、近所の人やお世話になる人への挨拶を忘れずに!着任の前に役所での手続きは済ましておきましょう。


着任

※地域によって異なります。詳細を知りたい方は、気になる地域の人に聞いてみましょう。

 

banner_OGP_地域おこし協力隊フェス_01